Trade StatisticS

tRADE BETWEEN FINLAND AND JAPAN 2002-2018

According to the statistics by Finnish Customs, the trade between Finland and Japan in the past two years changed significantly from the previous years. Finnish exports to Japan rose by 27.6 % in 2017, and 14.2 % in 2018. During the same period Japan’s export to Finland increased by 6 % in 2017 and 5.83 % in 2018. For the first half of 2019 Finland’s export to Japan has been slightly higher than during the same period in 2018, giving a signal that Finland’s export to Japan is still on the rise.

フィンランド税関による統計では、フィンランドと日本の間の貿易は2017年・2018年に大きく増えた。フィンランドの日本への輸出2017年に27.6%、2018年に14.2%の伸びを果たした。同じ期間で日本からフィンランドへの輸出は2017年に6%、2018年に5.83%を増加した。2019年の前半でフィンランドから日本への輸出は前年同期に比べやや伸びていることにより、輸出のさらなる成長を見込むことができる。

(Customs of Finland)

There has been a rather dramatic change in the trade balance (green bars). Until 2010 Japan had a surplus, in the late 1990’s the surplus was almost twice Finland’s export to Japan. However, since 2011 Finland has had a growing surplus, in 2018 already at 718 mill. euros. 

The biggest factor behind this is the change in the international business environment. Today, most of the Japanese cars, electronics and machinery, which make up for most of Japan’s export to Finland, are produced close to the markets, i.e. in Finland’s case in Europe. 

Same applies naturally in the case of Finnish exports. Large shares of wood, paper, telecom equipment, metals, instruments, etc. sold by Finnish companies in Japan are today produced elsewhere than in Finland, in other parts of Europe (e.g. wood, paper and metals) or in Asia (paper, telecom equipment, instruments).

Therefore trade statistics today only partly reveal the actual business of companies. In the case of Finnish companies, it is estimated that their business in Japan is about 3.5 times the export volume from Finland. Substantially more if services (air transport, service in telecom and machinery) and profit margins are added. 

近年の貿易収支(グラフの緑色)に大きな変更が見える。2010年までに日本は貿易黒字で、1990年代末にこの黒字はフィンランドから日本への輸出の額のほぼ倍であった。しかし2011年以降、収支はフィンランドの黒字に代わり、2018年にフィンランドの貿易黒字はもう7.18億ユーロに膨らんだ。

国際ビジネス・貿易環境への変化は大きな要因として見られる。現在、日本企業はフィンランドに輸出している物品の多くは販売される市場の近隣国で生産され、フィンランドの場合でも珍しいことではない。自動車、電化製品、機械などフィンランドに販売される日本企業の商品の多くは消して日本ではなく、ヨーロッパで生産されることは珍しくない。

フィンランドの輸出にも同様の影響が当たる。林業・製紙・通信機器などフィンランドの企業が日本に販売している商品はフィンランド以外の国々でも生産される。

国際化・グローバリゼーションの影響で現在の貿易統計は一部の事実しか語らない。両国の間に行われるIT、サービス関係などの交換を配慮すれば、それぞれの数字・貿易の価値はもっと高額であろう。

tRADE BETWEEN FINLAND AND JAPAN 2002-2018