FCCJについて 

 サービス 

 会員メリット 

 組織  

 メンバー 

 お問い合わせ 








Latest: 27 June 2016

  イベント   |  Eメール報告   |  ニュースレター   |  リポート   |  経済ニュース  |  貿易統計   |  メンバー・リスト |  求人情報 


 次のイベント
8月26日(金) FCCJ屋形船イベント
フィンランド航空 AY4159、 フィンツアー FT4120 コードシェア(共同運航)クルーズ
時間: 18:30〜21:00
参加費: メンバー9,000円、メンバー以外 12,000円
9月28日(水) FCCJクラブイブニング
"Retailing in Japan by Finnish Eyes"
時間: 18:30〜21:00
場所: スカンディナビア・センター、赤坂
参加費: メンバー4,000円、メンバー以外 6,000円

MORE EVENTS

EVENT ARCHIVE
 最新のニュース

 6月10日(金)〜11日(土)、FCCJスペシャルイベント
FCCJ軽井沢ツア

6月10日(金)〜11日(土)、FCCJメンバー28名(家族連れ有)は長野県軽井沢で2日間、教育的でリラックスした日々を過ごしました

。 このイベントプログラムは藤巻進軽井沢町長を迎えてホンカ軽井沢のレストランVersoでの昼食会からスタートし、その後この地域のフィンランドログハウスプロジェクトの幾つかを見学、またゲストハウス(日本でランタサルミグランドのログハウスを販売)も見学しました。その日の終わりに北軽井沢に移動し、きたもっく施設、アドベンチャーパークであるルオムの森、そしてスウィートグラスにてBBQの夕食を楽しみ、そこのコテージやテントで1泊しました。

11日(土)は参加者の一部はゴルフを楽しみ、その他の参加者は観光や軽井沢プリンスプラザでのショッピングを楽しみました。

このイベントの詳細や写真は ココをクリック


 6月7日(火)、エフセキュア社と共同イブニングイベント
リスト・シーラスマー氏を迎えてのビュッフェレセプション
エフセキュア社のご協力を頂き、FCCJは6月7日(火)ビュッフェレセプションを企画いたしました。フィンランドにおいて最も有名なビジネスリーダーであるリスト・シーラスマー氏を迎えました。彼はノキア会長であり、エフセキュア社の創設者であり会長でもあります。

このイベントは東京倶楽部で開催され、シーラスマー氏のプレゼン「フィンランドの一般的ICT部門についての現状および見解」でスタート。特に彼が関わっている会社や企業家精神についてお話しくださいました。さらに日本のエフセキュア社カントリーマネージャーであるキース・マーティン氏は日本における彼らのビジネスについて述べ、また8月1日からエフセキュア社のCEOに着任するサム・コンティネン氏を紹介しました。

このプレゼンの後、参加者らはビュッフェディナーを楽しみながら、シーラスマー氏およびFセキュア社が招待した日本の有名企業の代表者達との充分な談話の機会も持ちました。

このイベントには129名が参加、写真は ココをクリック

  5月19日(木)
夕食会‐レーン大臣およびビジネス代表団を迎えて
フィンランドの経済大臣オッリ・レーン氏の訪日を機会に、FCCJはFinproおよびフィンランド大使館と協力し夕食会を企画、5月19日(木)に開催いたしました。レーン大臣はビジネス代表団と共に来日し、彼らもこの夕食会に参加いたしました。またフィンランド大使館およびFinproは経済同友会から代表者を招待しました。

夕食会では、食事の前にFCCJメンバーであるヤン・グルーンブラード氏(ヴァイサラ)、アキ・サーリネン氏(リアクトル)および大畑政夫氏(エネヴォ)が日本でのビジネスについての見解を述べました。さらにレーン大臣と経済同友会副代表幹事の小林いずみ氏と委員長多田幸雄氏が日本とフィンランドの協力関係についてお話しくださいました。このイベントの最後は質疑応答および自由な交流の時間をもち、マヌ・ヴィルタモ大使の閉会の辞でこのイベントは終わりました。

この夕食会にはFCCJメンバー20名、大臣代表団12名、ビジネンス代表団24名および経済同友会8名が参加いたしました。

このイベントの写真は ココをクリック

 4月22日(金)、SCCJ対FCCJのゴルフコンペ
SCCJ,ストゥーラエンソカップを勝取る!

第28回ストゥーラエンソカップ、SCCJ対FCCJのゴルフコンペが4月22日(金)静岡県にある太平洋クラブ御殿場ウエストにて開催されました。この日は暖かく晴天の春の気候の中プレーでき、また午前中はどのホールからも富士山を近くに見ることができました。

今回は34名がコンペに参加(FCCJから19名、SCCJから15名−ゲストを含む)、このうち22名が日本人でした。

前回11月のイベントはFCCJチームがSCCJチームに勝利しましたが、今回はSCCJがリベンジ優勝。今回の結果は僅か1打の差で、平均スコアは80.7打対81.7打でした。(チームのベスト80%の平均を計算)これまでの結果、FCCJが6回多く勝っており、17勝、SCCJが11勝。

このイベントの結果は ココをクリック


 4月5日(火)
第17回FCCJ年次総会
第17回FCCJ年次総会は4月5日(火)フィンランド大使館にて開催され、45名の商工会議メンバーおよび理事会メンバーが出席しました。

総会は3月31日終了の2015年度の活動および会計収支が承認され、4月1日から始まった新年度の活動プランおよび予算案も承認されました。その後新しい役員会メンバーは初めての役員会ミーティングを行い、ペッカ・ライティネン氏をFCCJ会頭に再選しました。また副会頭に藤田正興氏が再選され、同じくヤーン・グルーンブラード氏も副会頭に新しく選出されました。

総会の後、マヌ・ヴァルタモ大使によりますビュッフェディナー会が開かれ、お料理を頂きながらメンバー同士で活発に討論を交わしました。

この総会の詳細および写真は、 ココをクリック

3月29日(火)、欧州商工会議所合同イベントー英国商工会議所企画
昼食会、舛添要一東京都知事を迎えて
FCCJはEU商工会議所企画の舛添都知事を迎えての昼食会に共同参加しました。今回、東京のビジネスを刺激し2020年とその後の東京を投資ハブにするという舛添都知事の意欲を我々は感じさせられました。

都知事の熱意あるプレセンでは、東京が世界で一番のビジネスフレンドリーシティーになること、グローバルな金融センターとして強くなることなどの計画について、また2020オリンピック&パラリンピックに関しての彼の構想についてお話しになりました。

このイベントに商工会議所(オーストリア、英国、ベルギー・ルクセンブルグ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイスランド、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、スウェーデン)メンバー200名が参加(FCCJから10名)。また欧州ビジネス協会とフィリップジャパンが協力して下さいました。

このイベントの写真は ココをクリック



Finnair supports FCCJ

Stora	Enso supports FCCJ

Outokumpu supports FCCJ

MOS Tax Corporation supports FCCJ

MOS Tax Corporation supports FCCJ

Coil CEnter Fujita  supports FCCJ






©1999-2016 Finnish Chamber of Commerce in Japan. All rights reserved.
Mail to Webmaster