FCCJについて 

 サービス 

 会員メリット 

 組織  

 メンバー 

 お問い合わせ 







Latest: 24 Nov. 2016

 イベント  | Eメール報告  | ニュースレター  | リポート  | 経済ニュース | 貿易統計  | メンバー・リスト | 求人情報


 次のイベント
12月7日(水) 第24回スカンジナビアクリスマスボール
会場: ウェスティンホテル東京

詳細 >>
2017年1月25日(水) FCCJ「新年会」クラブイブニング
時間: 18:30〜21:00
場所: スカンディナビアン・センター、赤坂

詳細 >>

MORE EVENTS

EVENT ARCHIVE
 最新のニュース

 SCCJ対FCCJのゴルフコンペ、11月11日(金)
FCCJ,ストゥーラエンソカップを取り戻す!

Stora Enso Japan's Atsushi Yamazaki (right) presents the trophy to FCCJ Vice President Masaoki Fujita, Sakari Romu (2nd best net) and Joni Santala.

第29回ストゥーラエンソカップ、SCCJ対FCCJのゴルフコンペが11月11日(金)千葉県にあるゴルフクラブ成田ハイツリーにて開催されました。最初の5ホールの雨天の後、天気は回復しゴルファーはカラフルで美しいゴルフコースでのプレーを楽しみました。

今回は31名が参加(FCCJから19名、SCCJから12名。注目すべきは参加者のうち21名が日本人であったということです。

前回の4月ではSCCJが勝利ましたが、今回FCCJがリベンジし、SCCJを負かし優勝。FCCJチームが打数2.7打の大差で勝ち、平均スコアは、FCCJが91.42打、SCCJが94.16打でした。(チームのベスト80%の平均を計算)これまでの結果、FCCJは18勝、SCCJは11勝でFCCJが7勝多く勝っています。

このイベントの結果は ココをクリック


11月1日(火)北欧商工会議所合同の昼食会
カール=ヘンリック・スンドストローム氏、ストゥーラエンソ社CEO
FCCJは11月1日(火)北欧商工会議所合同の昼食会を企画し、ゲストスピーカーに北欧ビジネスリーダーとして有名なカール=ヘンリック・スンドストローム氏、ストゥーラエンソ社CEOを迎えました。

彼のプレゼンのテーマは「ストゥーラエンソ、再生資源の会社への変革」でした。

スンドストローム氏のプレゼンの中で、彼は最初にストゥーラエンソ社の会社概要についてお話しになりました。彼は、1998年スウェーデンのStora Koppaberg社とフィンッランドのEnso社が合併しストゥーラエンソ社となったこと、次に会社の幅広い製品について、再生資源の会社への変革について、さらに最後にストゥーラエンソ社の日本でのビジネスについて説明しました。

このイベントに3つの北欧商工会議所から46名が参加し、質疑応答およびストゥーラエンソ社の変革の ビデオ で昼食会は終わりました。

このイベントの詳細は ココをクリック

10月7日(金)、 北米・ヨーロッパゴルフマッチ
第14回メルセデスベンツ・コールハ−ンカップはヨーロッパチームが優勝!
第14回ゴルフトーナメント、メルセデスベンツ・コールハーンカップが10月7日厚木国際カントリー倶楽部にて開催され、ヨーロッパチームが昨年の優勝者の北米チームから優勝トロフィーを奪い返し優勝いたしました。 競技はベスト80%の平均スコアを計算、ヨーロッパチーム は75.90打、北米チームは平均76.98打。これまでの優勝回数については北米チームが9回でヨーロッパチームの5回に勝っています。

美しい晴天の秋空の中、 このイベントにはこれまでの最多の151名が参加、ヨーロッパチームから75名(FCCJから23名)、北米チームから76名が参加しました。その為、例年はショットガンスタートと呼ばれる1ホールごとに2グループが一斉にスタートするのですが今回3グループを増やし ロジスティックな挑戦でしたがプレーのペースは順調でスケジュール通りにプレーは終了しました。

ディーン・ロジャース氏(北米)がベストゴルファーとなり、グロススコア72ベストネット69.6でした。また、レディースのベストゴルファーはアカサカユミコ氏(北米)でネットスコアは73.5。

イベントの詳細につきましては ココをクリック

 9月28日(水)、FCCJネットワークイベント
「フィンランド人視線の日本の小売業」

我々のクラブイブニングイベントが9月28日(水)、赤坂のスカンジナビアセンターにて開催されました。今回、「フィンランド人視線の日本の小売業」というテーマのネットワーキングパーティーです。

このイベントに日本の小売業ビジネスに携わるフィンランド人のプレゼンター3名、アルト・リンドブロム氏(アールト大学マーケティング、教授)テーム・エスケリネン氏(楽天株式会社)およびラウラ・コピロウ氏(楽天株式会社)を迎え、彼らは日本での小売業についての見解や何がフィンランドでのものと違うのかなど、お話くださいました。

アルト・リンドブロム氏は 小売業の戦略、プロセスおよび管理システムに精通しており、彼は日本での小売業およびTEKESにより資金援助された研究プロジェクト「Global marketplaces and ecosystems in retailing」について解説してくださいました。

今回のプレゼンは大変興味深く、たくさんの質疑応答がありました。その後26名の参加者はビュッフェとドリンクを頂きながら、ネットワーキングを楽しみました。

このイベントの写真は ココをクリック


 9月13日(火)、FCCJスペシャルイベント
FCCJ飯能ツアー、ムーミンテーマパーク予定地を訪れる

9月13日(火)、我々は「METSÄ」プロジェクトおよびムーミンテーマパーク計画について詳しく知るユニークな機会を持ちました。この計画の建設地は埼玉県飯能市の宮沢湖半にあり、まもなく建設を開始します。

我々は、まず飯能市役所を訪れ、そこで飯能市長大久保勝氏、およびこのプロジェクトの主な投資家であるロバート・ハースト氏(フィンテックグローバル社取締役会長、FCCJメンバー)がこのテーマパークプロジェクトについて説明をして下さいました。
その後、「リバーランタ」でのBBQディナーの予定ではありましたが、雨天の為にホテルヘリテージにてのディナーとなりました。

このイベントにFCCJから14名が参加、注目すべきは次期駐日フィンランド大使のユッカ・シウコサーリ氏(9月1日大使に着任)が参加してくれたことです。 さらにフィンテックグローバル/ムーミン物語から6名、飯能市の代表14名が参加しました。

このイベントの写真は ココをクリック


8月26日(金)、FCCJ屋形船イベント
フィンエアーAY4159・FT4120 コードシェア(共同運航)クルーズ
FCCJは8月26日(金)、フィンエアーAY4159・フィンツアーFT4120 コードシェア(共同運航)クルーズという楽しいイベントで秋シーズンをスタートしました。

今年も屋形船を貸切り、浅草から出航し隅田川を下りお台場や東京スカイツリーを通り2時間半の遊覧。船内では、和食(天ぷら、刺身など)の食べ放題およびドリンクの飲み放題を楽しみました。また、浅草橋に戻る前にスポンサーからのくじ引きがありました。

このイベントはまだ暑い夏の天候の中、54名が参加。我々のスポンサー、フィンエアーおよびフィンツアーのサポートによりイベントが実現いたしました。

このイベントの詳細や写真は ココをクリック
 6月10日(金)〜11日(土)、FCCJスペシャルイベント
FCCJ軽井沢ツア

6月10日(金)〜11日(土)、FCCJメンバー28名(家族連れ有)は長野県軽井沢で2日間、教育的でリラックスした日々を過ごしました

。 このイベントプログラムは藤巻進軽井沢町長を迎えてホンカ軽井沢のレストランVersoでの昼食会からスタートし、その後この地域のフィンランドログハウスプロジェクトの幾つかを見学、またゲストハウス(日本でランタサルミグランドのログハウスを販売)も見学しました。その日の終わりに北軽井沢に移動し、きたもっく施設、アドベンチャーパークであるルオムの森、そしてスウィートグラスにてBBQの夕食を楽しみ、そこのコテージやテントで1泊しました。

11日(土)は参加者の一部はゴルフを楽しみ、その他の参加者は観光や軽井沢プリンスプラザでのショッピングを楽しみました。

このイベントの詳細や写真は ココをクリック




Finnair supports FCCJ

Stora	Enso supports FCCJ

Outokumpu supports FCCJ

MOS Tax Corporation supports FCCJ

MOS Tax Corporation supports FCCJ

Coil Center Fujita  supports FCCJ





©1999-2016 Finnish Chamber of Commerce in Japan. All rights reserved.
Mail to Webmaster