FCCJについて 

 サービス 

 会員メリット 

 組織  

 メンバー 

 お問い合わせ 







Latest: 27 Mar. 2017

 イベント  | Eメール報告  | ニュースレター  | リポート  | 経済ニュース | 貿易統計  | メンバー・リスト | 求人情報


 次のイベント
4月3日(月) FCCJ 年次総会
時間: 17.00-20:00
会場: 東京倶楽部、六本木1-9-14 地図
参加費: 無料・メンバーのみ
詳細 >>
4月21日(金) 第30回 ストゥーラエンソカップ
SCCJ対FCCJゴルフコンペ
会場: 太平洋クラブ 御殿場ウエスト、静岡県[地図]
参加費: 18,040円(キャディー代、ランチ代、プレイ後のパーティー代を含む)
詳細 >>

MORE EVENTS

EVENT ARCHIVE
 最新のニュース

2月28日(火)ー北欧合同チーム作りイベント
ボーリング大会
スウェーデン、フィンランド商工会議所のメンバーらが参加する北欧合同チーム作りイベント、ボーリング大会が2月28日( 火)東京ポートボールにて開催されました。このイベントは毎年スウェーデン商工会議所が企画しており、今回、フィンランド商工会議所は4回目の参加となりました。

イベントには76名が参加し(19チーム)、2ラウンドのプレイと飲食付きのネットワーキングパーティーを楽しみました。FCCJからは4名が参加(1チーム)。

このイベントの詳細は ココをクリック

 2月21日(木)ー北欧合同ナレッジイブニング、SCCJ企画
サイバーセキュリティとソーシャルメディアの諸刃の剣

貴方のスマホを開き無料のWiFiポイントで接続しFacebookアカントでチェックインする時、気を付けないといけない単純な事があると言う事を知っていましたか? と言うのもアタッカーにとっては貴方の会社のコンピューターシステムに介入しそれを台無しにする機会となり得るからであります。

そこで気を付けなければならないことが幾つかあります。もしそれが適切に処理されなければ個人または会社のサイバーセキュリティの主な脅威となるからでです。SCCJ法人メンバー(GPlus Media)のキエロン・カシェル氏、およびFCCJ法人メンバー(F-Secure KK)のケイス・マーティン氏とアンティ・トゥオミ氏はかれらの経験および専門的知識を述べ、可能性のある危険を見極めたり、それら会社や個人で彼ら自身を守る為に何ができるか、すべきかを先制して考えたり、ダメージコントロールの筋書きを議論することを説明してくれました。

そのあと質疑応答の時間も充分にあり、ドリンクと食事を頂きながら交流・ネットワーキングを楽しみました。

このイベントには北欧商工会議所から30名参加しました。

このイベントの詳細や写真は ココをクリック

 1月25日(水)、FCCJクラブイブニング
新年会パーティー、スカンジナビアセンターにて
平成29年1月25日、我々の今年最初のイベント、FCCJクラブイブニング&新年会がスカンジナビアセンター・ムーミン幼稚園にて開催されました。

FCCJ会頭のペッカ・ライティネン氏がまず新年の挨拶をし、さらにこのパーティーにビールを寄付したフィンランド大使館商務部の木村正裕氏がフィンランドビールについて説明をしてくださいました。

その後のユッカ・シウコサアーリ駐日フィンランド大使が来日からの5ヶ月間の日本の印象および2017年フィンランド100周年に予定されている活動などについてお話しくださいました。また、科学技術イノベーション参事官のテッポ・トゥルッキ氏が彼の活動についてお話しになりました。

このイベントに34名が参加し、美味しい料理とたくさんのドリンクをいただきながら、ネットワーキングを楽しみました。

このイベントの詳細はココをクリック

 12月7日(水)、北欧商工会議所合同イベント
楽しい第23回スカンジナビアクリスマスパーティー!
在日北欧商工会議所の今年最大ハイライトイベントであるスカンジナビアクリスマスパーティーが恵比寿のウェスティンホテル東京にて12月7日(水)に開催されました。

このホテルで2005-2009年、さらに20011-2015年にもこのパーティイベントは開催され、5つの北欧商工会議所から277名が参加し(FCCJからは50名)素敵なイブニングを楽しみました。

このパーティーは企画委員会の挨拶から始まり、ルシア行列、東京バプティスト教会合唱団のゴスペルパフォーマンスがありました。その後、サンタさんが訪問し、くじ引きのお手伝い、参加者と共に写真撮影もして下さいました。

そして最後に東京の「ABBA」トリビュートバンドのABBAN(アバン)による素晴らしい「ABBA」ミュージックパフォーマンス、さらに「ブラッドとヒットメン」による演奏でダンスを楽しみました。

このパーティーの詳細や写真はパーティーのウェブサイトをご覧ください

 SCCJ対FCCJのゴルフコンペ、11月11日(金)
FCCJ,ストゥーラエンソカップを取り戻す!

Stora Enso Japan's Atsushi Yamazaki (right) presents the trophy to FCCJ Vice President Masaoki Fujita, Sakari Romu (2nd best net) and Joni Santala.

第29回ストゥーラエンソカップ、SCCJ対FCCJのゴルフコンペが11月11日(金)千葉県にあるゴルフクラブ成田ハイツリーにて開催されました。最初の5ホールの雨天の後、天気は回復しゴルファーはカラフルで美しいゴルフコースでのプレーを楽しみました。

今回は31名が参加(FCCJから19名、SCCJから12名。注目すべきは参加者のうち21名が日本人であったということです。

前回の4月ではSCCJが勝利ましたが、今回FCCJがリベンジし、SCCJを負かし優勝。FCCJチームが打数2.7打の大差で勝ち、平均スコアは、FCCJが91.42打、SCCJが94.16打でした。(チームのベスト80%の平均を計算)これまでの結果、FCCJは18勝、SCCJは11勝でFCCJが7勝多く勝っています。

このイベントの結果は ココをクリック


11月1日(火)北欧商工会議所合同の昼食会
カール=ヘンリック・スンドストローム氏、ストゥーラエンソ社CEO
FCCJは11月1日(火)北欧商工会議所合同の昼食会を企画し、ゲストスピーカーに北欧ビジネスリーダーとして有名なカール=ヘンリック・スンドストローム氏、ストゥーラエンソ社CEOを迎えました。

彼のプレゼンのテーマは「ストゥーラエンソ、再生資源の会社への変革」でした。

スンドストローム氏のプレゼンの中で、彼は最初にストゥーラエンソ社の会社概要についてお話しになりました。彼は、1998年スウェーデンのStora Koppaberg社とフィンッランドのEnso社が合併しストゥーラエンソ社となったこと、次に会社の幅広い製品について、再生資源の会社への変革について、さらに最後にストゥーラエンソ社の日本でのビジネスについて説明しました。

このイベントに3つの北欧商工会議所から46名が参加し、質疑応答およびストゥーラエンソ社の変革の ビデオ で昼食会は終わりました。

このイベントの詳細は ココをクリック



Finnair supports FCCJ

Stora	Enso supports FCCJ

Outokumpu supports FCCJ

MOS Tax Corporation supports FCCJ

MOS Tax Corporation supports FCCJ

Coil Center Fujita  supports FCCJ





©1999-2017 Finnish Chamber of Commerce in Japan. All rights reserved.
Mail to Webmaster